Movie Cycle Diaries

アクセスカウンタ

zoom RSS アカデミー賞ノミネート予想  −オリジナル歌曲賞−

<<   作成日時 : 2005/11/28 01:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0


  多種多言語な唄々

 その映画のために作られたオリジナル・ソングを称える賞。オリジナルであれば主題歌・挿入歌を問わない。歌詞は英語でなくてもOK。

 傾向としては英語以外の言語の唄に門戸が広がってきている。前年の受賞作『モーターサイクル・ダイアリーズ』やノミネート作の『コーラス』は、それぞれスペイン語、フランス語の唄であった。前々年の『ベルヴィル・ランデブー』もフランス語。

 ノミネート作の曲種の幅も広くなり、『8マイル』のエミネムのラップ(受賞した)や、上記の外国語の唄、『みんなのうた』の劇中歌など色々で、予想がつきにくい。去年は本戦での本命と思われた『アルフィー』の”Old Habbit Die Hard”(ミック・ジャガー)がノミネート落ちするなど波乱があった。あからさまな「映画主題歌」の受賞が遠のいている感じがする(除く『ロード・オブ・ザ・リング』)。


  本年度

 あからさまな「映画主題歌」というものは現在見あたらない。予想サイトなどでも確実に取り沙汰されているのはティム・バートンのコープスブライドの劇中歌"Remains of the Day"(ダニー・エルフマン) くらいである。 

 ダニー・エルフマンは今や有名な映画音楽家であるが、作曲賞でのノミネート回数はわずか3回のみで受賞経験はない。彼のような元ロック・ミュージシャンは保守的なベテランの多い作曲賞は受賞しにくいのだ。だが、エミネムが受賞できる歌曲賞でなら何の問題もない。『モンスターズ・インク』でランディ・ニューマンが受賞したように、不遇な天才に対しての票が集まることも考えられる。

 またカントリーの曲もノミネートされやすい。該当作はブロークバック・マウンテンだ。 

 ……と色々と予想を並べるのが空しくなるくらい予想の難しい賞だ。今は予想せず、現時点でオリジナル・ソングと分かっている唄を羅列しておく。分かり次第曲を追加していく予定。


(11月28日付 順不同)

■ ティム・バートンのコープスブライド   "Ramains of the Day" 
    作詞/ダニー・エルフマン、ジョン・オーガスト  作曲/ダニー・エルフマン
    唄/ダニー・エルフマン、ジェーン・ホロックス他 
(感想)コープスブライドの生前の悲劇がテーマの唄。でも明るく派手な楽しい曲。
         
■ ハリー・ポッターと炎のゴブレット   "Magic Works"
    作詞/ジャーヴィス・コッカー  作曲/マイク・ヘッジス
    唄/ザ・ワイヤード・シスターズ(ジャーヴィス・コッカー他)
(感想)ダンス! で始まるおとなしく消え入りそうなバラード曲。WBにプッシュされておらず(例のバンド名のクレームのせいか?)、候補入りしないかも。
 
■ Hustle & Flow   "Hustle & Flow (It Ain't Over)"
    作曲/アル・カポーン
    唄/テレンス・ハワード

■ クラッシュ   "In the Deep"
    作詞/バード・ヨーク、マイケル・ベッカー
    唄/バード・ヨーク

■ ロボッツ   "Tell Me What You Already Did"
    作詞/アダム・シュレシンジャー、C.コリングウッド  作曲/アダム・シュレシンジャー  
    唄/フォウンテインズ・オブ・ウェイン

■ Dreamer :Inspired by a True Story   "Dreamer"
    唄/ベサニー・ディロン

■ チキン・リトル   "One Little Slip"
    唄/ザ・ベアネイクド・レディズ

■ ブロークバック・マウンテン   "A Love That Will Never Glow Old"
    作曲/グスタヴォ・サンタオラヤ、バーニー・ターピン
    唄/エミュルー・ハリス

(12月4日)

■ Transamerica   ”Travelin' Thru”
    唄/ドリー・パートン

■ ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女   ”Wonderkind”
    作詞・作曲・唄/アラニス・モリセット

■ ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女   ”Can't Take It In”
    作曲/ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
    唄/

■ Hustle & Flow   ”Whoop That Trick”
    作曲/アル・カポーン
    唄/テレンス・ハワード

■ Hustle & Flow   ”It's Hard out There for a Pimp”
    作詞・作曲/ジョーダン・ヒューストン、ポール・ボールガード
    唄/テレンス・ハワード&タラジ・ヘンソン

■ エリザベスタウン   ”Same in Any Language”
    作詞/ナンシー・ウィルソン、キャメロン・クロウ
    唄/I ナイン






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
これであなたも自宅で工場見学!「チャーリーとチョコレート工場」DVD発売日決定!
全米で約2億ドル稼ぎ出し、最も日本でヒットしたティム・バートン作品となった「チャ... ...続きを見る
ティム・バートンJP-TimBurton...
2005/12/01 21:34
ティム・バートンの次回作は「ビリーブ・イット・オア・ノット!」!?
ヴァラエティ紙によるとティム・バートンの次回作が、パラマウントが企画しているアク... ...続きを見る
ティム・バートンJP-TimBurton...
2005/12/01 21:35
プラダ バッグ
アカデミー賞ノミネート予想  −オリジナル歌曲賞− Movie Cycle Diaries/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ バッグ
2013/07/06 06:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アカデミー賞ノミネート予想  −オリジナル歌曲賞− Movie Cycle Diaries/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる