Movie Cycle Diaries

アクセスカウンタ

zoom RSS ナショナル・ボード・オブ・レビューを予想する

<<   作成日時 : 2005/12/03 19:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

  ナショナル・ボード・オブ・レビュー(National Board of Review)とは

 かみ砕いて言えば、「映画教育プログラムを作ったり、映画製作奨学金を出したりするインテリさんによる非営利団体」である。活動歴は95年を数え、歴史は映画の誕生とそう変わらない。

 毎年公開された映画のベスト10を含め、各部門の賞を選出するが、その賞は特別な名称は持たず単に「映画賞」とされている。映画ファンはこの賞を「ナショナル・ボード・オブ・レビュー」と呼び、一般に「ナショナル・ボード・オブ・レビュー」と言えば、この賞を指すことが多い。
 
 この賞の歴史は1966年より始まる。そこから1999年頃までは「映画の父」と呼ばれた監督の名を取りD.W.グリフィス賞と呼ばれていた。しかし、グリフィスの作品『国民の創世』の差別シーンがいかんと言うことで、その名称は取り消しとなったそうな。

(オフィシャルHP)
http://www.nbrmp.org/

 この賞の注目度は高い。長い歴史を誇る賞としての権威もあるが、アカデミー賞の前哨戦たる批評家賞としては一番早くに発表される(例年12月初旬)点がその最たる理由だ。作品選びもひとクセある。 アカデミー賞への直結度も他の批評家賞より高い。過去10年の受賞作がアカデミー賞にノミネートされた割合は……

作品賞(80%) 主演男優賞(80%) 主演女優賞(100%) 助演男優賞(70%)
助演女優賞(50%)  脚本賞(71%) 外国語映画賞(80%)
アニメーション賞(100%) ドキュメンタリー賞(40%)

 …と高い。ヒネった面白いチョイスも多いが、受賞すればアカデミー賞への道はかなり開けると言えよう。

 監督賞のみは30%と低い目。去年度は『コラテラル』のマイケル・マン、一昨年度は『ラスト・サムライ』のエド・ズウィック、というようなアカデミー賞にノミネートされなさそうな監督を好んでチョイスしているのだ。そういう系のサプライズが最も期待できる部門と言える。 
 トム作品、トム作品と来ているが、まさか『宇宙戦争』のスピルバーグを選んだりはせんわなあ。

*ちなみに去年のベスト10
 @ネバーランド Aアビエイター Bクローサー Cミリオンダラー・ベイビー
 Dサイドウェイ E愛についてのキンゼイ・リポート Fヴェラ・ドレイク GRay レイ
 Hコラテラル Iホテル・ルワンダ  ……素晴らしく無難な10作品。 

画像

        2003年授賞式のショーン・ペン、プレゼンターのデ・ニーロ


  で、予想

【ベスト10】
 @ プライドと偏見
 
 A ブロークバック・マウンテン  
 B Capote  
 C グッドナイト&グッドラック
 D Match Point
 E クラッシュ
 F The New World
 G The Constant Gardener
 H A History of Violence
 I SAYURI     


【主演男優賞】  
   フィリップ・シーモア・ホフマン  Capote  
【助演男優賞】  
   ウィリアム・ハート  A History of Violence
【ブレイクスルー男優賞】  
   テレンス・ハワード  Hustle & Flow、クラッシュ、Get Rich or Die Tryin'    
【主演女優賞】  
   フェリシティ・ハフマン  Transamerica 
【助演女優賞】  
   マリア・ベロ  A History of Violence 
【ブレイクスルー女優賞】  
   キーラ・ナイトレイ  プライドと偏見   
【監督賞】  
   アン・リー  ブロークバック・マウンテン 
【デビュー監督賞】    
   トミー・リー・ジョーンズ  メルキアデス・エストラーダの〜 
【アンサンブル演技賞】  
   クラッシュ(マット・ディロン、サンドラ・ブロック、ドン・チードル、テレンス・ハワード他)   
【脚本賞】          
   クラッシュ 
【脚色賞】          
   Capote 
【美術賞】      
   SAYURI
【アニメーション賞】
   ウォレスとグルミット 野菜畑で大パニック!
【ドキュメンタリー賞】
   Muderball
【外国語映画賞】
   Tsotsi


 発表は12月7日(予定)
         ↓
     12月12日に延期

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おおっ、ナショナル・ボード・オブ・レビューに関するこんなに詳しい解説は初めて読みました!感動です。知らないことだらけでした(笑)

確かに監督賞はここ数年おかしなチョイスが続いてますね。一発目の賞でこういうサプライズがあると、取捨が難しくなって予想するほうはちょっと面白いですよね。

予想は難しいのでパスしようと思ってましたが、便乗してやってみようかな・・。あとでサイトの掲示板のほうに予想書き込んでみますね。
gwin
2005/12/06 17:08
いやー、オスカーノユクエの方でえらいお褒めを頂きありがとうございました。私は批評家関連はこの賞とあとLA、NYくらいしか参考にしてなかったので、サテライトやゴッサムはgwinさんに勉強させて貰ってます。

もうすぐ(深夜?)分かりますけど、やっぱ「ブロークバック」でしょうね。私の予想「プライドと偏見」は大穴狙い。本命が湧くとヒネりたくなるのは悪癖です。ムラのあるギャンブラーなのです。
stoval
2005/12/07 17:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナショナル・ボード・オブ・レビューを予想する Movie Cycle Diaries/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる