Movie Cycle Diaries

アクセスカウンタ

zoom RSS アカデミー賞 ノミネート一覧&予想  【長編&短編ドキュメンタリー賞】

<<   作成日時 : 2006/02/27 20:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

   長編ドキュメンタリー賞          

ノミネート所感
 Grizzly Manに続きステップ!ステップ!ステップ!も落選、レースの様相はゴール寸前で思わぬ形に。差し馬ダーウィンの悪夢が気になるところだが、まずは授賞式前のTVオンエアを見るなり。  


栄えあるノミニーたち

■ ダーウィンの悪夢   (IFC) 
     監督/フーベルト・ザウパー       
画像



■ Enron: The Smartest Guys in the Room   (マグノリア・ピクチャーズ)  
     監督/アレックス・ギブニー  製作/ジェイソン・クリオト  
画像



■ 皇帝ペンギン   (ワーナー・インデペンデント)    
     監督/リュック・ジャケ   製作/イヴ・ダロンド  
画像



■ MUDERBALL   (THINKフィルム)  
     監督/ヘンリー=アレックス・ルービン、デイナ・アダム・シャピロ    
画像



■ Street Fight   (マーシャル・カリー・プロ)  
     監督/マーシャル・カリー  
画像



【予想】

 やはり8000万ドルの興業収入を上げた皇帝ペンギンは無視できない。投票数が多ければ多いほど強さを増すであろう。これに対抗できるのはMUDERBALL…ではなくて、Enronと見る。事件自体のインパクトもあるが、何よりこの部門はマジメな社会派がお好きだ。社会派と自然モノの両方を兼ね備えたダーウィンの悪夢の急追も気になるが、上記に作品より評価はやや劣る。

本命 皇帝ペンギン  
対抗 Enron: The Smartest Guys in the Room  
大穴 ダーウィンの悪夢 




 短編ドキュメンタリー賞 


栄えあるノミニーたち

■ The Death of Kevin Carter 
          :Casualty of the Bang Bang Club
 
     監督/ダン・クラウス  
画像



■ God Sleeps in Rwanda  
     監督/キムバーリー・アクアロ、ステイシー・シャーマン
画像



■ The Mushroom Club  
     監督/スティーヴン・オカザキ  
画像



■ A Note of Triumph 
             :The Golden Age of Norman Corwin
 
     監督/エリック・サイモンソン  製作/コリーン・マリナン  
画像




予想

 A Note of Triumphは『炎の人ゴッホ』などの脚本家でもあるノーマン・コーウィンが第二次世界大戦時のラジオ番組のタイトル。「詩的」とも言われた伝説的名放送を語るのはウォルター・クロンカイト、ロバート・オルトマン(欧州で従軍していた)といった面々。そういやオルトマン、名誉賞受賞だ。心情的には絡んできそうだ。 ともあれ、アカデミー会員が好きそうな題材。

 大戦の被害者であるヒロシマに目は向くのだろうか? 日系人で既に受賞歴のあるスティーヴン・オカザキによるThe Mushroom Clubだがどうだろうか?

 タイトルにインパクトがあるのはGod Sleeps in Rwanda。かの虐殺史は『ホテル・ルワンダ』で高い注目を集めるようになった。 

 完成度と衝撃度が一番高そうなのはThe Death of Kevin Carterか。一般会員にアピールしきれるか?


本命  A Note of Triumph :The Golden Age of Norman Corwin
対抗  God Sleeps in Rwanda  
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アカデミー授賞式が100倍楽しめる!! 精神科医樺沢紫苑の第78回アカデミー賞ノミネート作品徹底ガイ...
映画ファン待望の第78回アカデミー賞授賞式が、2006年3月5日 (日本時間3月6日)に迫りました。しかしながら、ノミネート作品の大半は日本未公開のため、授賞式を見ても十分に楽しめないということになります。この音声レポートは、日本最大級の映画メルマガ「シカゴ発 映画の精神医学」の発行者で精神科医の樺沢紫苑が、アカデミー賞ノミネート作品をわかりやすく解説しています。 ...続きを見る
シカゴ発 映画の精神医学
2006/03/05 15:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「Street Fight」はノミニー発表前から実は気になってた作品なんで、晴れてノミネートされたことで日本公開の目がわずかでも出てきたことが嬉しいです。娯楽的な要素もありそうですし、どうにかならんもんでしょうかね。政治に無関心な国民に向けて公開するのは無謀でしょうか。

「A Note of Triumph」はNewsweekでも本命視されていましたね。不勉強なのでノーマン・コーウィンについてほとんど知らず、アカデミーがどれほどこの作品を重要視するのかもとんと見当がつきません。。。
gwin
2006/02/28 22:17
ノーマン・コーウィン、私も『炎の人ゴッホ』を見るまでは知りませんでした。BS2もこのノミネートにあわせて放送を…んなワケないか。
長編は正直、今でも心は揺れています。ハラハラ付きの注目の部門です。
stoval
2006/03/01 19:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
アカデミー賞 ノミネート一覧&予想  【長編&短編ドキュメンタリー賞】 Movie Cycle Diaries/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる