Movie Cycle Diaries

アクセスカウンタ

zoom RSS アカデミー賞 ノミネート一覧&予想 【外国語映画賞】

<<   作成日時 : 2006/02/28 20:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

【 ノミネート所感 】  

 イタリアのDon't Tell以外は前評判の高い作品が揃った。無難な選出。 Don't Tellの監督の姓、コメンチーニってどっかで聞いたことある名前だなと思いきや、ブーベの恋人の監督ルイージ・コメンチーニの娘さんでしたか。  
 ハンガリーのFatelessは批評家の評価が非常に高いが、ノミネートから漏れたことによって2006年度のオスカーに絡める資格を得た。だが、公開が早すぎるかな。 
  


【 ノミネート作品 】

■ Don't Tell   (La Bestia Nel Cuore/イタリア)  
     監督/クリスチナ・コメンチーニ  
     出演/ジョヴァンナ・メゾジョーノ  ステファニア・ロッカ       
画像



■ 戦場のアリア   (Joyeux Noël/フランス) 
     監督/クリスチャン・カリヨン  
     出演/ディアンネ・クルージェ  ゲイリー・ルイス    
画像


■ Paradise Now   (パレスチナ)  
     監督/ハニ・アブ=アサド  
     出演/カイス・ナシェフ  アリ・スリマン  
画像


■ 白バラの祈り/ゾフィー・ショル最期の日々  
                  (Sophie Scholl - Die letzten Tage/ドイツ)  
     監督/マルク・ローテムント  
     出演/ユリア・イェンチ  アレクサンダー・ヘルト        
画像


■ Tsotsi   (南アフリカ)  
     監督/ギャヴィン・フッド  
     出演/プレスリー・チュウェニアガエ  モスシ・マガノ  
画像



【 予 想 】  

 ノミネート自体がサプライズで、トラウマやらレズビアンやら内面を掘り下げたDon't Tellは地味故に支持を得られないだろう。

 ゾフィー・ショルの反ナチというテーマはアカデミー賞では喜ばれるものだが、昨年度のヒトラー/最期の12日間の後では今更という感じもする。この作品が勝利するようだと、アカデミーのナチ・コンプレックスはいよいよ本物だ。  

 戦場のアリアのような大作は本年度のような超本命が不在の時には強いかも知れない。ただ、評価は一番低く、「第一次世界大戦の平和」という題材も無難すぎるか。

 やはり、残るParadise NowTsotsiの2強の激突となるだろう。どちらも過酷な社会での生を謳っており、会員を満足させるテーマ性は十分。ただ、評価は例年の受賞作と比べて抜きんでておらず、2強が決して盤石ではないが。

 ゴールデン・グローブの勝者はParadise Nowであったが、ここにきてTsotsiの名を挙げる批評家が増えている。逆転なるか?
 Paradise Nowの名を避けるのは、やはりハマスが政権を取ったことに対する警戒があるのだろうか。監督のGGなどでのスピーチも取りようによっては微妙なものだ。 とは言え、この映画がイスラエル政府も認める爆弾テロを否定する内容であることには違いない。賢明な会員達がハマス云々に気を取られず、真の平和を願う作品の趣旨に賛同するものと予想する。(作品観てないのに、ここまで推測するのはどうかと思うが)


本命 Paradise Now   
対抗 Tsotsi   
大穴 白バラの祈り/ゾフィー・ショル最期の日々


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ひょお〜一気にきましたね。授賞式まであとわずか。追い込みの時期です。うちのサイトでも1日1部門ずつ予想をアップしてますが、単純計算すると間に合わない・・・(苦笑)

外国語映画部門、やはり「Paradise Now」と「Tsotsi」の対決でしょうか。後者は全米公開されたばかりですが、批評も興行も思ったほど伸びませんでしたね。圧勝ムードもありましたが、今では足元がおぼつかなくなってきました。仏、伊はないとして、「ゾフィー・ショル」はまだわかりませんね。投票しやすい対象であることには間違いないので。
gwin
2006/02/28 22:05
いや、もうシンドイっす。休みつぶれました。映画観にいっときゃ良かった。でも、たくさんコメントありがとうございます。謝謝。

『ニューズウィーク』の外国語映画特集を読みましたが、「駄作が多い」とか辛口でしたね。『2046』あたりが出ていれば盛り上がったのに。「俺と一緒にいかないか」の人も出てるので日本のマスコミも盛り上がったかも。
stoval
2006/03/01 19:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
アカデミー賞 ノミネート一覧&予想 【外国語映画賞】 Movie Cycle Diaries/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる