Movie Cycle Diaries

アクセスカウンタ

zoom RSS アカデミー賞予想  【メイクアップ賞】    

<<   作成日時 : 2007/02/16 02:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 【 ノミネート作品 一覧 】


 Apocalypto  (ディズニー)      
     アルド・シグノレッティ、ヴィットーリオ・ソダーノ    
画像



 もしも昨日が選べたら  (ソニー)      
     ビル・コルソ、辻 一弘     
画像



 パンズ・ラビリンス  (ピクチャーハウス)    
     デイヴィッド・マルチ、モンツェ・リーベ  
画像



 【 予 想 】

 この候補者の中では、ビル・コルソがレモニー・スニケットの世にも不幸せな物語で受賞歴あり。他はシグノレッティがムーラン・ルージュでノミネート経験あり。 

 Clickこと もしも昨日が選べたらを個人的には応援したいところ。結構劇場で観て感動してしまった作品であり、また第一線で頑張る日本人・辻 一弘氏に是非受賞して欲しいもんだから。デブメイクから老けメイク、ロブ・シュナイダーのアラブの王族までバラエティに富んでいて面白いし。
 だがしかし、なにぶんアダム・サンドラーの娯楽映画ということで、会員が票を投じることはないだろう。メイクそのものも過去の受賞作と比べても革新的なインパクトがあるわけではない。ノミネートの快挙とラジー無視で満足すべしか。  

 残るApocalyptoパンズ・ラビリンスの差は僅差か。 

 Apocalyptoはネイティヴ・メイクアップが鮮烈だが、弱みを抱えている。それは・・・・・・・・
画像
  
 メイクアップの組合はイタリア系(カソリック多し)が多く、↑の人の発言なんかは大して問題になっていないかもしれないが、全会員の投票となると↑の人の作品はほぼボイコットされるんじゃなかろうか・・・・去年はオープニングにもでてたんだけど・・・・ 
 あと、同じネイティヴ・メイクのニュー・ワールドが去年無視されたのも不安材料か。 

 パンズ・ラビリンスは、やはり作品の高評価が追い風。グロテスクと幻想的の狭間にあるメイクはかなり魅力的だ。でも、これにはCG補正があるんじゃあ・・・と、ちょっと気になる。補正無しだったらホント凄い。上の”目無し坊主”も凄いが、牧羊神パンも見惚れる造形。演ずるはアンディ・サーキスに並ぶCG世界のスーツアクター、ダグ・ジョーンズ
画像



 【 結 論 】  ◎=本命  ○=対抗  ▲=大穴  


 60 ◎ パンズ・ラビリンス 
 40 ○ Apocalypto 
      もしも昨日が選べたら


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アカデミー賞予想  【メイクアップ賞】     Movie Cycle Diaries/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる