Movie Cycle Diaries

アクセスカウンタ

zoom RSS 2007年度アカデミー賞【主演男優賞】 ノミネート予想  

<<   作成日時 : 2007/12/23 21:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 SAGが終わってからの予想なんて本当は価値無いんだけど、とりあえず予想を。まず、前哨戦の結果から……


 【 前哨戦スコアボード 】  ★=受賞  ☆=次点orノミネート  12月20日現在  @〜は受賞数の順位        


@ ダニエル・デイ=ルイス  for There Will Be Blood   
画像

    ★全米批評家協会賞  ★ブロードキャスト批評家賞  ★NY批評家賞  
    ★LA批評家賞  ★シカゴ批評家賞  ★フロリダ批評家賞  
    ★ラス・ヴェガス批評家賞  ★フィニックス批評家賞  ★オースティン批評家賞
    ★ダラス=フォートウォース批評家賞  ★サウスイースタン批評家賞  
    ★セントルイス・ゲイトウェイ批評家賞  ★サン・ディエゴ批評家賞  
    ★ユタ批評家賞  ★ヒューストン批評家賞  
    ★カンザス・シティ批評家賞  ★NYオンライン批評家賞  
    ★批評家選出賞  (16win) 
    ☆SAG  ☆ゴールデン・グローブ賞  ☆デトロイト批評家賞  
    ☆オンライン批評家賞    


A ジョージ・クルーニー  for フィクサー    
画像

    ★ナショナル・ボード・オブ・レビュー  ★ワシントンDC批評家賞  
    ★サンフランシスコ批評家賞  ★デトロイト批評家賞  
    ★オクラホマ批評家賞  (win)    
    ☆SAG  ☆ゴールデン・グローブ賞  ☆ブロードキャスト批評家賞  
    ☆シカゴ批評家賞  ☆ダラス=フォートウォース批評家賞  
    ☆サウスイースタン批評家賞  ☆トロント批評家賞  ☆オンライン批評家賞               


B ヴィゴ・モーテンセン  for Eastern Promises  
画像

    ★トロント批評家賞  ★サテライト賞  (win)  
    ☆SAG  ☆ゴールデン・グローブ賞  ☆ブロードキャスト批評家賞  
    ☆シカゴ批評家賞  ☆サン・ディエゴ批評家賞  ☆オンライン批評家賞     


C フランク・ランジェラ  for Starting Out in the Evening   
画像

    ★ボストン批評家賞  (win)  
    ☆LA批評家賞  ☆シカゴ批評家賞  ☆ダラス=フォートウォース批評家賞  
    ☆オンライン批評家賞  ☆サテライト賞    


D ライアン・ゴスリング  for Lars and the Real Girl  
画像

    ★サテライト賞  (win)  
    ☆SAG  ☆ゴールデン・グローブ賞  ☆ブロードキャスト批評家賞  
    ☆シカゴ批評家賞  


E エミール・ハーシュ  for Into the Wild  
画像

    ☆SAG  ☆ブロードキャスト批評家賞  ☆デトロイト批評家賞  
    ☆ダラス=フォートウォース批評家賞  ☆オンライン批評家賞    



F トミー・リー・ジョーンズ  for エラの谷/ノーカントリー    
画像

    ☆デトロイト批評家賞(NCFOM)  ダラス=フォートウォース批評家賞(NCFOM) 
    ☆サテライト賞(IVOE)    



  ジョニー・デップ  for スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師  
     ☆ゴールデン・グローブ賞  ☆ブロードキャスト批評家賞  

  デンゼル・ワシントン  for アメリカン・ギャングスター  
     ☆ゴールデン・グローブ賞  ☆サテライト賞  

  フィリップ・シーモア・ホフマン  for The Savages 他  
     ☆ゴールデン・グローブ賞  ☆全米批評家協会賞    

  ドン・チードル  for Talk to Me  
     ☆セントルイス・ゲイトウェイ批評家賞  ☆サテライト賞  

  ジェイムズ・マカヴォイ  for つぐない    
     ☆ゴールデン・グローブ賞  

  トム・ハンクス  for チャーリー・ウィルソンズ・ウォー    
     ☆ゴールデン・グローブ賞  

  ジョン・C・ライリー  for Walk Hard  
     ☆ゴールデン・グローブ賞  

  ラッセル・クロウ  for 3:10 To Yuma  
     ☆サン・ディエゴ批評家賞  

  ゴードン・ピンセント  for Away From Her 
     ☆トロント批評家賞  

  ジョシュ・ブローリン  for ノーカントリー  
     ☆サテライト賞  

  クリスチャン・ベイル  for Rescue Dawn   
     ☆サテライト賞  

  リチャード・ギア  for The Hoax  
     ☆サテライト賞  

  ベン・キングズリー  for You Kill Me  
     ☆サテライト賞  

  セス・ローゲン  for Knocked Up  
     ☆サテライト賞  

  クライヴ・オーウェン  for Shoot E'm Up  
     ☆サテライト賞  





 【 分 析 】

 前哨戦をほぼ制したダニエル・デイ=ルイスは当然、ノミネート当確。本戦でも不動の本命にになることは間違いない。このことは彼がPTAと組んだ瞬間に見えていた必然!…だと思う。トレーラーだけ見ても、あんだけ役者波動を発してるんだもの。今回は老け役もこなすハズで、いよいよ2度目の受賞が近づいている。   

 前哨戦で次席のジョージ・クルーニーも確実。力量は勿論、人望も申し分ない。シンプルな演技でのノミネートは、彼の力を更に折り紙つきにするものだ。但し、本戦ではデイ=ルイスに抗すべくもない。それは最近受賞しているからだ(助演だが)。  

 3番手は順番から言えばヴィゴ・モーテンセンだが、彼よりもよりノミネート有力と思えるのが前哨戦無冠のエミール・ハーシュだ。映画では、ほぼ一人出ずっぱりであり、自然の中で体を張って熱演する姿はオスカー会員好みではないか。作品『Into the Wild』に他部門でも多くノミネートを出しそうな勢いがあることも大きなプラスになろう。少なくとも孤軍奮闘状態のヴィゴよりは。

 ヴィゴもここ数年うなぎ登りの評価を得ており、人気的にも申し分ない。彼もほぼ当確圏だろう。ヴァイオレントな作品が会員に好かれるか?それだけが微かな心配だ。  

 最後の席が問題だ。順当な目で見ればSAGノミネートのライアン・ゴスリングだが、そううまくいくか?昨年度こそSAGノミネート=オスカー候補に合致したが、それまでは一人が外れるのが恒例だった。少なくとも過去6年間は。今回危ないのはゴスリングと見る。先ず作品の力が評価・興行とも強くない。あと、ゴスリングは去年もノミネートを受けており新味が無い。若者を好む票はハーシュに行くのではないか?あと『ラブリー・ボーン』の降板劇……は関係ないか。でも、大きなキャリアアップの機会を逃したもんだ。  

 ゴスリングの代わりに入るとすれば誰か?  

 先ず有力なのはフランク・ランジェラ。前哨戦の初めは3番手の位置を走っていたが、どんどん息切れ。遂には最重要なSAGを落としてしまった。真面目なベテランなのに何で?地味すぎるのか?『グッドナイト&グッドラック』でも前評判は良かったが、よりスターなおっさん・ウィリアム・ハートに敗れたのも記憶に新しい。 でもしかし、オスカーには、おっさんも必要だ。賞の重みと箔が出る。今までオトゥール、イーストウッド、ケイン…と一人は選ばれているじゃないか。活躍への功労的な意味合いも…で、彼を推すが、最近のオスカーはシビアだ。彼が落ちれば、功労や情を予想の材料に使うのはもうやめよう。  

 ダークホースは、マチュー・アマルリック。作品賞でもダークホース的な存在である『潜水服は蝶の夢を見る』に勢いが出ればあり得る。しかし、熱演を伝えられながらも前哨戦では無視状態。なんで?『海を飛ぶ夢』のハヴィエル・バルデムもダメだったけど…。  

 オスカー会員の人気が高いジョニー・デップも侮れない。作品の評価もティム・バートン作品で最も高く、当然それはデップにも大きな追い風。興行でも結果を出したいところ。  

 ジェイムズ・マカヴォイは『コールド マウンテン』のジュード・ロウになるかなと思ったが、エミール・ハーシュに票を奪われるだろう。残念。

 トミー・リー・ジョーンズは票割れ助演割れで厳しいところだ。   

 気になるのは、ここ数年勢いがあり、去年は2人も候補を出したアフリカ系に強力なコンテンダーが居ないこと。デンゼルは作品が2つあり票の分散がある。。『The Great Dibator』に勢いが出れば可能性も出ようが、演技は典型的なデンゼル演技(監督集中だろう)であり厳しい。ドン・チードルには勢いも実績もない。アフリカ系にとっては、今年は明らかに不作年だった。 

 一番伏兵として期待したいのは、『Away From Her』の老優ゴードン・ピンセント。作品に勢いがないのは苦しいが、ジュリー・クリスティと渡り合った実力は文句無しだろう。  



 【 予 想 】  ◎=ノミネート当確  ○=有力  ▲=ダークホース  

    Contender 5 

 ◎ ダニエル・デイ=ルイス  for ゼア・ウィル・ビー・ブラッド  
 ◎ ジョージ・クルーニー  for フィクサー    
 ○ エミール・ハーシュ  for Into the Wild  
 ○ ヴィゴ・モーテンセン  for Eastern Promises  
 ○ フランク・ランジェラ  for Starting Out in the Evening   


    Runners-Up
 ○ マチュー・アマルリック  for 潜水服は蝶の夢を見る 
 ○ ライアン・ゴスリング  for Lars and the Real Girl  
 ○ ジェイムズ・マカヴォイ  for つぐない   
 ○ ジョニー・デップ  for スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師   
 ▲ ドン・チードル  for Talk to Me
 ▲ デンゼル・ワシントン  for The Great Dibator
 ▲ トミー・リー・ジョーンズ  for エラの谷
 ▲ ゴードン・ピンセント  for Away From Her  
 ▲ ジョシュ・ブローリン  for ノーカントリー  
   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
エミール・ハーシュ有力説についてはまったく同感です。GG賞では無視された「Into the Wild」ですが、オスカーでは巻き返すでしょう。ややパフォーマンス色の強い最近のショーン・ペンに対する反感が気になりますが…。ゴズリングは個人的に応援してるのでぜひ候補入りしてほしい。
gwin
2008/01/07 15:34
ゴスリング、一気に若手演技派ですね。最近までライアン・レイノルズと見分けがつかなかったのに(全然違う?)。『Half Nelson』の日本公開は未だでしょうか。
stoval
2008/01/19 20:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
2007年度アカデミー賞【主演男優賞】 ノミネート予想   Movie Cycle Diaries/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる