Movie Cycle Diaries

アクセスカウンタ

zoom RSS 第80回(2007年度)アカデミー賞 【オリジナル脚本賞】 予想  

<<   作成日時 : 2008/01/28 00:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

栄えある オリジナル脚本賞 候補一覧 
                 =受賞  ☆=ノミネート  



■ Lars and the Real Girl   by ナンシー・オリヴァー
画像

     初ノミネート  

 大学で演技を学び、その後脚本家に。ヒットTVシリーズ『シックス・フィート・アンダー』の脚本を数話手掛けただけの全く無名の存在だった。   



■ フィクサー   by トニー・ジルロイ  
画像

     初ノミネート  

 映画界に入った1990年代後半、テイラー・ハックフォード作品(『黙秘』、『ディアボロス』、『プルーフ・オブ・ライフ』)を手がける一方、スクリプト・ドクターとしても名を馳せ、クレジットされていない作品多数。クレジットされた数少ない作品の中には『アルマゲドン』なんかも。その後、ジェイソン・ボーン・シリーズで更なる飛躍を遂げるのは周知の通り。



■ JUNO/ジュノ   by ディアブロ・コーディ  
画像

     初ノミネート  

 シカゴ出身の29歳。本名はブルック・ビュジー。「ディアブロ・コディ」の由来は、ディアブロ(悪魔の)とコーディ(西部の興行師バッファロー・ビル)あたりか。ストリッパーやテレフォン・セックスのオペレーターで生計を立てていたことが有名になった。これをネタに彼女を弄る意地悪なTVホストもいたようだが、真の才能の前にひれ伏せ! で、次の作品は悪魔に取り憑かれたチアリーダーが男子学生を殺しまくる物語…すげえB級志向。  



■ レミーのおいしいレストラン   
   by ブラッド・バード、ヤン・ピンカヴァ、ジム・キャポビアンコ  
画像

     1997年  ゲーリーじいさんのチェス  (ヤン・ピンカヴァ/短編アニメ賞) 
     2004年  Mr.インクレディブル  (ブラッド・バード/長編アニメ賞)  
     2004年 ☆ Mr.インクレディブル  (ブラッド・バード) 
   
 ヤン・ピンカヴァはチェコ出身の44歳。ピクサー初期の短編傑作『ゲーリーじいさんのチェス』を監督・脚本して映画デビュー。ジム・キャポビアンコはディズニー・スタジオからピクサーへの移籍組ライター。  
      


■ The Savage   by タマラ・ジェンキンズ  
画像

     初ノミネート  

 フィラデルフィア出身の45歳。短編映画の製作からスタート。レッドフォードが目をかけ、1998年の長編デビュー作『Fカップの憂鬱』では製作総指揮をかって出ている。長編2作目にして高い評価を得た。  



 【 分 析 】  

 女性が単独で書いた脚本が3作品もノミネートされるのは、オスカー史上でも初めてではないだろうか。実際にはアイデアを出した人間が更に複数いるとされる『レミーのおいしいレストラン』チームを除外すると、クリエイティブな男はトニー・ジルロイただ一人だったのか?確かに脚色賞と比べ、こちらのハードルは低かったが、それでも彼女たち3人が書いた物語はオリジナリティに優れていた(ハズ)。才能がそこにあった、それだけだ……でも、すごい姐さんたちだこと。     


 しかーし、受賞に向けてのレースに実質参加できるのは、3人いる女傑の中でもただ一人ディアブロ・コーディのみだ。他2人にはチャンスは無い。
 前哨戦で圧倒的な成果を収めた『JUNO/ジュノ』が受賞に一番近い位置にいることは間違いない。脚本の内容もさることながら、ディアブロ・コーディの人生はアメリカン・ドリームそのもの。幅広い会員の支持を得ることは間違いない。作品賞ノミネート作品であり、バランス派なら「ジュノはここ」と思い票を投じるであろう。
 
 トニー・ジルロイは監督賞ノミネート+『ボーン・アルティメイタム』という大きな援護射撃がある。今オスカーをもらっても何ら不思議はない。しかし、コーディと比べると地味だ。『フィクサー』は「大量ノミネートbut受賞ゼロ」という社会派作品の落とし穴にハマる可能性が高い。過去に『インサイダー』なんかが落ちた穴だ。 
 今年はディアブロ・コーディの年。彼女の右肩のタトゥーが、このストライキに揺れたここ数ヶ月のライター界を締めくくるでしょう。  


 【 予 想 】   

  (%)
   80 ◎ JUNO/ジュノ   ディアブロ・コーディ  
   20 ○ フィクサー   トニー・ジルロイ  
        レミーのおいしいレストラン   ブラッド・バード、ヤン・ピンカヴァ 他 
        The Savages   タマラ・ジェンキンズ  
        Lars and the Real Girl   ナンシー・オリヴァー


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第80回(2007年度)アカデミー賞 【オリジナル脚本賞】 予想   Movie Cycle Diaries/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる