Movie Cycle Diaries

アクセスカウンタ

zoom RSS 劇場未公開作品 ビデオ鑑賞 <1997年>

<<   作成日時 : 2008/02/05 00:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 【 1997年 】

 この年はレンタルビデオ屋でバイト……ということでサンプル品をよくタダで借りて見てました。


悪魔の恋人 /Fear  
画像

監督/ジェームズ・フォーリー
出演/マーク・ウォールバーグ  リース・ウィザースプーン  ウィリアム・ピーターセン

 当時としては地味で劇場未公開になった一作。主演2人がブレイクして、今見れば豪華キャスト。リースを誘惑する異常なイケメンに扮したマークは、この頃まだマーキー・マーク扱いだったような気が。まあ、当時流行ったよくあるサイコ・サスペンスで出来には可も不可もないが、娘の彼氏の存在を恐れる父親の心理は面白いかも。 
 ★★★★★★★★★★  



ダーティ・ボーイズ  /Bulletproof  
画像

監督/アーネスト・ディッカーソン
出演/デイモン・ウェイアンズ  アダム・サンドラー  ジェームズ・カーン  

 刑事(ウェイアンズ)とチンピラ(サンドラー)がギャングと戦うというバディ・アクション。サンドラーは珍しい真面目演技だが息苦しそう。この監督はいつもそうだが、出来は悪い。 プロレスラーのジープ・スヴェンソンはこの映画に出演後に急死。
 ★★★★★★★★★★  



ファイト・マネー /The Great White Hype
画像

監督/レジナルド・ハドリン
出演/サミュエル・L・ジャクソン  ジェフ・ゴールドブラム  デイモン・ウェイアンズ  

 ジャクソンがドン・キングみたいな悪徳プロモーターに扮するボクシング業界コメディ。笑えないし、特に感想もない。若き日のジェイミー・フォックスや最近は監督が本業っぽいピーター・バーグが出ている。
 ★★★★★★★★★★  



俺は飛ばし屋/プロゴルファー・ギル /Happy Gilmore  
画像

監督/デニス・デューガン
出演/アダム・サンドラー  クリストファー・マクドナルド  カール・ウェザース 

 サンドラー単独主演第2弾。幼稚な頭脳の男に隠されたゴルフの(飛距離の)才能をめぐるコメディ。サンドラーの怒りっぽいキャラが上手く笑いをさそう。説教臭くなく謙虚な時のサンドラーの笑いは好みに合うので。義手のコーチに扮するアポロことカール・ウェザースが可笑しい。というかヘン。 
 ★★★★★★★★★★  



ザ・ファントム /The Phantom
画像

監督/サイモン・ウィンサー
出演/ビリー・ゼイン  クリスティ・スワンソン  キャスリン・ジータ・ジョーンズ 

 タイツ姿のアメコミヒーロー”ザ・ファントム”が秘宝を巡り悪と戦う。都市型ヒーローは数多いが、ファントムはインディ・ジョーンズ型。でも、ヒーローとして特徴がないのが特徴。鈍作だが、悪女役のジータ・ジョーンズの出世作として存在価値有り。製作はあのロバート・エヴァンス。
 ★★★★★★★★★★  



ダンボドロップ大作戦 /Operation Dumbo Drop  
画像

監督/サイモン・ウィンサー
出演/ダニー・グローヴァー  レイ・リオッタ  デニス・リアリー  ダグ・E・ダグ 

 またサイモン・ウィンサー監督作。ベトナム戦争下、象を空輸するという作戦を決行した小隊の実話の映画化。偽善臭くなったり、空っぽな内容になりそうな題材だが、そこは上手く回避し、楽しめ、心温まるる作品になっている。意外な拾いモノ。
 ★★★★★★★★★★  



ワイルド・ビル /Wild Bill  
画像

監督/ウォルター・ヒル
出演/ジェフ・ブリッジス  エレン・バーキン  デイヴィッド・アークエット 

 西部の伝説のガンマン”ワイルド・ビル”・ヒコック。彼がいかにして愚かな若造に殺されたかを描く『ジェシー・ジェームズの暗殺』に似た構図。ウォルター・ヒルらしい骨っぽい作品だけど、編集に無理があり、何が言いたいのか良く分からない物語となった。この作品の興行的大失敗でウォルター・ヒルは第一線より凋落、最近になりTVで復活した。
  ★★★★★★★★★★  



モール・ラッツ /Mallrats
画像

監督/ケヴィン・スミス
出演/ジェイソン・ロンドン  ジェイソン・リー  ベン・アフレック  クレア・フォラーニ 

 ケヴィン・スミスの監督第2作目。内容はモールを舞台にしたバカ騒ぎ大会で興行は大失敗に終わった。ネタも下品で低レベルだけど、割と笑える。後の傑作『チェイシング・エイミー』の主演3人(アフレック、リー、ジョーイ・ローレン・アダムス)が集結。アメコミでもないのにスタン・リーが友情出演。
  ★★★★★★★★★★  



ファニー・ボーン/骨まで笑って /Funny Bones  
画像

監督/ピーター・チェルソム
出演/オリヴァー・プラット  リー・エヴァンス  ジェリー・ルイス 

 かの芝山幹郎氏も絶賛した作品。偉大なる父を超えようともがく若手コメディアンが英国に渡り、強力なパートナーを見つける。主演のプラットも良いが、マルコヴィッチそっくりのリー・エヴァンスの芸が凄い。ラストは結構魅せる。
  ★★★★★★★★★★  



 【 1998年 】

ゴースト・オブ・ミシシッピー /Ghosts of Mississippi
画像

監督/ロブ・ライナー
出演/アレック・ボールドウィン  ウーピー・ゴールバーグ  ジェームズ・ウッズ

 豪華キャスト陣の社会派サスペンス。黒人公民権運動家の暗殺からその裁判の結末までを描く。ウーピーのシリアス芝居が似合わないすぎ。なんでそうわざとらしい芝居になるのか?オスカーノミネートのウッズもネチっこいなー。凡凡作。
  ★★★★★★★★★★  



モータル・コンバット2 /Mortal Kombat: Annihilation
画像

監督/ジョン・R・リオネッティ
出演/ロビン・ショウ  タリサ・ソト  ジェームズ・レマー

 内容をよく覚えていないがヨロイ武者が敵だったような…クリストファー・ランバートがジェームズ・レマーに代わっていたような…。
  ★★★★★★★★★★  



ポイント・ブランク /Grosse Point Blank  
画像

監督/ジョン・アーミテイジ
出演/ジョン・キューザック  ミニー・ドライヴァー  ダン・エイクロイド  アラン・アーキン 

 「グロス・ポイント」高校の同窓会に出席した殺し屋マーティン・「ブランク」が昔の恋人に再会するという話で、ジョン・ブアマンの名作『ポイント・ブランク』とは何も関係ない。上の他にもジョーン・キューザック、ハンク・アザリアといった曲者役者が登場する。ライヴァルの殺し屋役がダン・エイクロイドというのも異色。キューザック自身(+脚本家仲間)が書いた話なので、『ハイ・フィデリティ』に近いセンス。ベニー・ユキーデとの対決で見せるキューザックの武術も見物。
  ★★★★★★★★★★  



ビバリーヒルズ・ニンジャ /Beverly Hills Ninja
画像

監督/デニス・デューガン
出演/クリス・ファーリー  ロビン・ショウ  ニコレット・シェリダン  クリス・ロック
 
 デブのアメ公が忍者に憧れ修業するというコメディ。笑いがくだらないが、主人公のひたむきさは好感度あり…少しは。主演のクリス・ファーリーは「サタデーナイト・ライヴ」出身でこの後にクスリで死を迎える。あの頃はジョン・ベルーシとよく対比されたが今や忘れられた存在だ。
  ★★★★★★★★★★  



奴らに深き眠りを /Hoodlum  
画像

監督/ビル・デューク
出演/ローレンス・フィッシュバーン  ティム・ロス  アンディ・ガルシア  

 『アメリカン・ギャングスター』の主人公フランク・ルーカスの師であった伝説の黒人ギャング”バンピー”・ジョンソン”(フィッシュバーン)が、ユダヤ人ギャング ダッチ・シュルツ(ティム・ロス)と対決する。マフィアのラッキー・ルチアーノ(ガルシア)は見物する。豪華メンバーが勿体ない駄作。監督は『プレデター』などでおなじみの俳優。
  ★★★★★★★★★★  



 【 1999年 】


待ちきれなくて… /Can't Hardly Wait     
画像

監督/ハリー・エルフォント&デボラ・カプラン
出演/イーサン・エンブリー  ジェニファー・ラヴ・ヒューイット  セス・グリーン

 卒業プロムの夜を描いた群像コメディ。ブラザー気取りのチビ白人セス・グリーンが面白い。他も皆いろいろな種類の高校生が登場し、それぞれよく整理されている。主人公に天啓を与える天子姿のストリッパー ジェナ・エルフマン(「ダーマ&グレッグ」)がかなり可笑しい。「スコット・バイオ…!」
  ★★★★★★★★★★  



スイッチバック /Switchback  
画像

監督/ジェブ・スチュアート
出演/デニス・クエイド  ダニー・グローヴァー  ジャレッド・レト  R.リー・アーミー

 「この人は信じたい」という人が殺人犯だというどんでん返し狙いサスペンス。見え見えだけど。列車でのスタントがすごい。
  ★★★★★★★★★★  



マフィア! /Jane Austin's Mafia !  
画像

監督/ジム・エイブラハムズ
出演/ロイド・ブリッジス  ジェイ・モーア  クリスティーナ・アップルゲイト  

 原題は「ジェーン・オースティンのマフィア」。オースティンは当然そんなモノを書いていない。ふざけたタイトルだが、もっとふざけてるのは「ゴッドファーザー」などのパロディが笑いに全く昇華しないこの映画そのもの。ZAZコメディの全盛も今は昔。ロイド・ブリッジスの遺作だが、役柄はほとんどレスリー・ニールセンもどき。
  ★★★★★★★★★★  


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
劇場未公開作品 ビデオ鑑賞 <1997年> Movie Cycle Diaries/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる