Movie Cycle Diaries

アクセスカウンタ

zoom RSS 第80回(2007年)アカデミー賞 【撮影賞】予想    

<<   作成日時 : 2008/02/20 01:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  栄えある撮影賞 候補一覧


■ ジェシー・ジェームズの暗殺   
画像

     by ロジャー・ディーキンズ   
画像

     1994年 ☆ ショーシャンクの空に  
     1996年 ☆ ファーゴ  
     1997年 ☆ クンドゥン  
     2000年 ☆ オー・ブラザー!  
     2001年 ☆ バーバー  




■ つぐない   
画像

     by シーマス・マッガーヴィー 
画像
  
     初ノミネート  




■ 潜水服は蝶の夢を見る   
画像

     by ヤヌシュ・カミンスキ  
画像

     1993年  シンドラーのリスト  
     1997年 ☆ アミスタッド  
     1998年  プライベート・ライアン  




■ ノーカントリー   
画像

     by ロジャー・ディーキンズ  




■ ゼア・ウィル・ビー・ブラッド   
画像

     by ロバート・エルスウィット  
画像

     2005年 ☆ グッドナイト&グッドラック  



 【 分 析 】  

 どんな映画でも期待を裏切らず美しく原色を捉えた映像を見せるロジャー・ディーキンスが2作品でノミネートされた。今年は彼の年だ。  

 おそらく票割れはおこらない。一流のDP(撮影監督)は現場において監督に匹敵する力を持ち、受ける敬意もまた同じ。他技術部門では誰が何回受賞しようが、会員からすればどうでも良いことだ。しかし、DPとなるとより個人を見るはずだ。『ロード・トゥ・パーディション』におけるコンラッド・L・ホールの受賞、それこそ個人への敬意だ。本来なら『シカゴ』のディオン・ビーブが受賞しているはずだったのだから。  

 同じ敬意は当代一のDP、ロジャー・ディーキンスにも注がれるはず。票割れで無視するほどオスカー会員もヤボではなかろう。問題はどっちの作品に票を集めるか。前哨戦では『ジェシー・ジェームズの暗殺』が多くの賞を取り、おそらく強烈でメランコリックな映像は『ノーカントリー』を凌いでいるはず。しかーし、作品賞候補で票が集まりやすいのは、やはり後者。後者での受賞となると見る。  

 このロジャー・ディーキンズ×2に対抗できるのは『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のロバート・エルスウィット。前哨戦での成果も引けを取らず、また最近ノミネートされている(『グッドナイト&グッドラック』)のもポイントは大きい。作品賞有力候補であることも大きい。ディーキンス・イヤーを割るか。この職人DPが受賞しても十分納得だ。(作品が見て決められないのが悲しい)  



  【 予 想 】  

   %  
  30 ◎ ノーカントリー  
  25 ○ ジェシー・ジェームズの暗殺  
  25 ▲ ゼア・ウィル・ビー・ブラッド  
  10    潜水服は蝶の夢を見る  
  10    つぐない  



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第80回(2007年)アカデミー賞 【撮影賞】予想     Movie Cycle Diaries/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる