Movie Cycle Diaries

アクセスカウンタ

zoom RSS 第80回(2007年度)アカデミー賞 【衣装デザイン賞】予想   

<<   作成日時 : 2008/02/08 01:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

栄えある衣装デザイン賞 候補一覧 
                 =受賞  ☆=ノミネート  


■ Across the Universe   by アルバート・ウォルスキー  
画像
画像
 
     1979年  オール・ザット・ジャズ  
     1982年 ☆ ソフィーの選択  
     1985年 ☆ ナティ物語  
     1991年  バグジー  
     1992年 ☆ トイズ  


■ つぐない   by ジャクリーン・デュラン   
画像
画像
画像

     2005年 ☆ プライドと偏見  



■ エリザベス:ゴールデン・エイジ   by アレグザンドラ・バーン   
画像
画像

     1996年 ☆ ハムレット  
     1998年 ☆ エリザベス  
     2004年 ☆ ネバーランド  



■ エディット・ピアフ/愛の賛歌   by マーリット・アレン   
画像
画像

     初ノミネート  



■ スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師   
                                   by コリーン・アトウッド
画像
画像

     1994年 ☆ 若草物語  
     1998年 ☆ 愛されし者/BELOVED  
     1999年 ☆ スリーピー・ホロウ  
     2002年  シカゴ  
     2004年 ☆ レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語  
     2005年  SAYURI




 【 分 析 】

 前哨戦で全く名前が出なかった『Across the Universe』の御大アルバート・ウォルスキーが候補になるあたり、オスカー会員はなかなか心憎いところがある。ジュリー・テイモア監督作品は、これで3作品連続ノミネートとなるわけだが(『タイタス』、『フリーダ』)、今回も受賞までは到らない。過去の衣装デザイン賞受賞作品を見ると…  

 2006年 マリー・アントワネット   by ミレーナ・キャノネロ  
 2005年 SAYURI   by コリーン・アトウッド  
 2004年 アビエイター   by サンディ・パウエル  
 2003年 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還   by ナイラ・ディクソン  
 2002年 シカゴ   by コリーン・アトウッド  
 2001年 ムーラン・ルージュ   by キャスリン・マーティン、アンガス・ストラティ  
 2000年 グラディエーター   by ジャンティ・イエイツ  

 と、とにかくハデなエピックもの(歴史物)の衣装が強いことが分かる。あと、2003年までは作品賞候補が受賞しており、それ以降の『SAYURI』、『マリー・アントワネット』も批評家の評価はそこそこ。あまり内容の悪い作品はダメだということだ。  

 よって『Across the Universe』は先ず脱落。『エディット・ピアフ』もちょっとハデさに劣るために受賞からは遠く感じる。  

 ハデさナンバーワンは文句無しに『ゴールデン・エイジ』。ハデさと内容のバランスでは『スウィーニー・トッド』。作品賞絡みの『つぐない』。実質この3作品の三つ巴の争いであり、どの作品が受賞してもおかしくない。  

 衣装デザインと美術装置は『つぐない』にとっては絶対に落とせない部門だ。演技他の主要部門は望み薄であり、作品賞を取るにはこれら技術部門でいくつか受賞しておく必要がある。ここらを落としているようだと授賞式の後半までに終戦ムードだろう。しかし、繊細なれどややハデさに欠け、ここ数年の流れからするとアピール度に乏しいかもしれない。作品賞候補を分散受賞させようとするバランス的ムードが広がらないと厳しいか。  

 『ゴールデン・エイジ』はハデさで極めつけ。そこが一番の売りとなる。アレグザンドラ・バーンが無冠であったり、前作で受賞していない点はあまり援護にならない。ケイト女王の威光で遂に受賞か……しかし、致命的な作品評価の低さが足を引っ張る。美術装置賞でノミネートを逃したこともマイナスの印象となる。  

 残る『スウィーニー・トッド』こそ本命と見る。先ず作品の評価は高くインパクトは強い。衣装も殺戮カップルの黒から詐欺師の青、淑女のドレス、パーティーのコスチューム、通行人の衣類まで幅広く、適度にハデな点もいい。コリーン・アトウッド、朋友ティム・バートン作においては初の、通算3度目のオスカー獲得なるか。

 しかし、実に接戦。迷う迷う。



 【 予 想 】


  %
 30 ◎ スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師        
 30 ○ エリザベス:ゴールデン・エイジ  
 30 ▲ つぐない  
 10    エディット・ピアフ/愛の賛歌  
      Across the Universe  


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第80回(2007年度)アカデミー賞 【衣装デザイン賞】予想    Movie Cycle Diaries/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる