Movie Cycle Diaries

アクセスカウンタ

zoom RSS 第80回(2007年)アカデミー賞 【作曲賞】予想    

<<   作成日時 : 2008/02/15 01:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

栄えある作曲賞賞 候補一覧 


■ つぐない   by ダリオ・マリアネリ  amazonに試聴
  
画像

画像

     2005年 ☆ プライドと偏見  



■ 君のためなら千回でも   by アルベルト・イグレシアス  amazonで試聴  
画像

画像

     2005年 ☆ ナイロビの蜂  

     

■ フィクサー   by ジェイムズ・ニュートン・ハワード  amazonで試聴  
画像

画像

     1991年 ☆ サウス・キャロライナ/愛と追憶の彼方  
     1993年 ☆ 逃亡者  
     1994年 ☆ ジュニア  (オリジナル歌曲賞)  
     1996年 ☆ 素晴らしき日  (オリジナル歌曲賞)  
     1997年 ☆ ベスト・フレンズ・ウェディング  
     2004年 ☆ ヴィレッジ  



■ レミーのおいしいレストラン   by マイケル・ジアッチーノ  amazonで試聴  
画像

画像

     初ノミネート



■ 3:10 to Yuma   by マルコ・ベルトラミ  amazonで試聴  
画像

画像

     初ノミネート



 【 分 析 】 

 予想通りとは言え、この賞はやはりコンポーサーの為の賞であった。ニック・ケイヴ、エディ・ヴェダーといったミュージシャンやイーストウッドのような畑違いは当然として、凄いスコアを作ったジョニー・グリーンウッドまでもが落選の憂き目にあうこととなった。 

 しかし、だからといって偏狭かというとさに非ず。なかなかユニークで納得の顔ぶれの5人が出揃った。1990年代を謳歌したハンス・ジマーやジェイムズ・ホーナーが飽きられた今なお頑張るジェイムズ・ニュートン・ハワード。イタリアからは俊英ダリオ・マリアネリ。スペインからアルベルト・イグレシアス。この2人は2年前のオスカーでもノミネートされている。1960年代後半の生まれである新世代ジアッチーノベルトラミも新鮮だ。個性的な音を作るジアッチーノは満を持しての登場だし、アクション・ホラー畑を進んできたベルトラミのノミネートはとても喜ばしいことだ。  

 この中から先ず脱落するのはベルトラミ。ノミネートだけでも充分だろう。ジェイムズ・ニュートン・ハワードもキャリアは充分受賞に値するが、元々個性が薄いだけに難しいだろう。ジアッチーノのフレンチ風音楽は多彩で面白いが、ここ数年のエスニックな受賞傾向(王道じゃないってこと)からは外れる。

 結局、イグレシアスマリアネリの2年越しの再戦となる。どちらも音の多彩さと美しさに聴き惚れてしまうくらいの出来だが、やはり作品賞候補である『つぐない』のマリアネリが有利だろう。『君のためなら千回でも』は作品が弱い。これはオスカー会員のバランス感覚の前では不利だ。 


 【 予 想 】


   %  
  45 ◎ つぐない  
  20 ○ 君のためなら千回でも
  20 ▲ レミーのおいしいレストラン
  15    フィクサー  
       3:10 to Yuma


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第80回(2007年)アカデミー賞 【作曲賞】予想     Movie Cycle Diaries/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる