Movie Cycle Diaries

アクセスカウンタ

zoom RSS 第80回(2007年度)アカデミー賞 【メイクアップ賞】予想  

<<   作成日時 : 2008/02/17 02:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

栄えあるメイクアップ賞 候補一覧 


■ エディット・ピアフ/愛の賛歌   
画像
画像

     ディディエ・ラヴェルーニュ  (初ノミネート)     
     ヤン・アーチボルド  (初ノミネート)  



■ マッド・ファット・ワイフ  
画像
画像

     リック・ベイカー  (10−6)    
     辻 一弘  (1−0)  



■ パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド  
画像
画像

     ヴェ・ニール  (7−3)  
     マーティン・サミュエル  (1−0)  



 【 分 析 】

 久しぶりに特殊メイク界の大御所リック・ベイカーがノミネートされた。作品『マッド・ファット・ワイフ』、最低映画の祭典ラジー賞で8部門ノミネートの栄誉を受けたいわく付きの作品である。メイクとは言え、オスカーノミネートは奇跡だ。いや、それだけリック・ベイカーは業界で尊敬されているのだ。なんせ20年程度のこの賞の歴史で10回ノミネートの6回受賞だ。ケタが違う。
 エディ・マーフィーを一つの映画中でいくつもの別人に大化けさせる技術は『星の王子ニューヨークへ行く』、『逃亡人生』でノミネートされ、『ナッティ・プロフェッサー』で受賞している。上のスチールの眼鏡の主人公、イかれデブ女、中国人と皆エディ・マーフィーってんだから凄い。ただ、このエディ変身ネタで今更受賞まで持っていくのはツラい。なんてったてもラジーだし。
 ということで、辻さんも残念です。是非コメディじゃない受賞される作品でノミネートを!日本のマスコミは辻一弘にもっと注目して欲しい。自身がノミネートされたわけでもないのに、嫁とレッドカーペットを歩くとか言ってる俳優某より、オスカーにおいては余程偉大な業績の持ち主ですよ。     

 残る2作品の受賞争いとなる。正統派舞台&老けメイクの『エディット・ピアフ』、ハデさとバラエティに富んだ『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』。甲乙付け難い。

 『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ、この部門においては『呪われた海賊たち』でノミネート、『デッドマンズ・チェスト』でノミネート候補にとどまっている。新たなヒーロー「ジャック・スパロウ」を生み出したこのメイクをオスカーは無視しきるのか?その結論がシリーズ中最も期待外れな結果だったこの『ワールド・エンド』で出されるとは正直苦しい。その実力は充分受賞に値するが、作品のイメージが悪いのは、この全会員からの投票においては不利だ。ティム・バートン&ジョニー・デップの御用達メイク・アーティスト ヴェ・ニールのスウィーニー・トッドでの仕事ぶりも含めて評価されるか。 

 ここは、より作品イメージが良く、かつ30歳そこそこのマリオン・コティヤールをしわしわ老け顔や眉無しディーヴァに7変化させた『エディット・ピアフ』の辛勝と見る。  


 【 予 想 】   

    %  
   45 ◎ エディット・ピアフ/愛の賛歌       
   40 ○ パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド    
   15    マッド・ファット・ワイフ  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第80回(2007年度)アカデミー賞 【メイクアップ賞】予想   Movie Cycle Diaries/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる