Movie Cycle Diaries

アクセスカウンタ

zoom RSS アカデミー賞(2009年度)受賞予想 G【助演賞】

<<   作成日時 : 2010/03/08 01:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


  【 助演男優賞 】
画像

 × マット・デイモン  for インビクタス/負けざる者たち  
 × ウッディ・ハレルソン  for The Messenger  
 ◎ クリストファー・プラマー  for The Last Station  
 × スタンリー・トゥッチ  for ラブリーボーン  
 ○ クリストフ・ヴァルツ  for イングロリアス・バスターズ  

 
 この期に及んでクリストフ・ヴァルツを外すとは自分でも正気を疑ってしまう。ガチガチの部門で大穴狙いにもほどがあるが、何%かの確信はある(余計な陰謀論的妄想かもしれんが)  
 過去にナチス党員を演じた俳優は多々おり、オスカーにもそこそこの人数がノミネートされている。 ローレンス・オリヴィエ「マラソンマン」、レイフ・ファインズ「シンドラーのリスト」、チャップリン「独裁者」などなど・・・・でも、受賞者は居ないのだ。ハンニバル・レクターのようなサイコや、ジョーカーのようなアナーキストは許容できても、ナチスは決して許容できない、それがユダヤ社会ハリウッド・・・・受賞者居たわ。『愛を読むひと』のケイト・ウィンスレットが。 
 それでもヴァルツを外したのは、ランダ大佐に失望したからだろう。最後の逃避術は頭が悪過ぎた。ヒトラー同様観客をスッキリさせる役回りなんだろうが。そういう思いが無理な予想につながっとるようで。  
画像






  【 助演女優賞 】   
画像

 × ペネロペ・クルツ  for NINE  
 ▲ ヴェラ・ファーミガ  for マイレージ、マイ・ライフ  
 × マギー・ジレンホール  for Crazy Heart 
 × アナ・ケンドリック  for マイレージ、マイ・ライフ  
 ◎ モ’ニーク  for プレシャス   


 モ’ニークが圧倒的すぎて他にタメ張れる存在は無し。功労的ベテランも居ないし波乱はなさそう。

 スティーヴン・セガールの『奪還DAKKAN/アルカトラズ』に出てた頃が懐かしいす。 

   

 1時間34分30秒から登場。ム所の旦那に無茶言うカミさんの役。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アカデミー賞(2009年度)受賞予想 G【助演賞】 Movie Cycle Diaries/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる